FC2ブログ

斯様なブログへ足を運んでいただき、ありがとうございます!

艦長のきまぐれ日記背景

艦長のきまぐれ日記

自己紹介

艦長

名前:艦長
→プロフィールなど

カウンター

記事の総数

最近の記事

過去ログ

Plug-in byまる。hi

2018 27 03:04:24

【ノスタルジア】基本ルールとPASELIカードとフォルテ

こんばんは、艦長です。

大体週3くらいで通っているゲーセン事情を記事にしますよ。

掲題の通りですが、ノスタルジアを布教すべく、
Wikiの内容をさらにかいつまんで紹介していきます。

そしてWikiを眺めてみると、意外と知らない事実も判明したりして、
さらなる高みを目指すべく試したい事象も発見できたので、
追ってそれも書いてみたいと思います。

最後にシャドウバースネタもあるよ。(ボソッ



【ノスタルジア攻略・その1】基本ルールを知る

攻略などと恐れ多いですが、布教するためにも
敢えてこの表記でいきます。


良くある音ゲーの一種であるこのノスタルジア。

「ピアノが弾けない人でもピアノを弾いている気分になれるゲームを目指す」
というのが根底にあるそうです。

このゲームの前身であるキーボードマニアを嗜んだ一ユーザーとしては、
なるほど確かに、難易度といいますか遊びやすい感じを受けました。
これは、先日コマンダー氏と一緒に遊んだKEN氏にプレイしてもらい(ガチ初心者)
証明できています(本人が続けて遊ぼうかなと発言)。

キーボードマニアでは、黒鍵も押さなければなりませんでしたが、
今作では黒鍵はありません。(白鍵盤と同一扱い。鍵盤上は絵となっている)

純粋に、画面上から降ってくるキー(ノート)を、
設定されているラインに入った瞬間に鍵盤を押すゲームです。

このノートですが、結構横幅が大きく(難易度にもよる)、
鍵盤数個分のサイズだったりします。

なので、大体の鍵盤を叩けばOK。

この点が非常にスバラシイ。


そして、ビーマニシリーズは一般的に
完走(最後まで楽曲を弾く)がし辛い事でも知られています。
(ゲームにも寄る)

ある一定のスコアを保たないと、完走はおろか
途中で楽曲を強制的に終えさせられてしまうというのが
ありました。(昨今はあまりないのかな?)

ノスタルジアは、全部ミスしても最後まで音楽を楽しめるので
その点は心配無用です。

スコアは、下記のようになっているようです。

      1000000 : Pianist(ピアニスト)  意訳:化け物。無理
950000 - 999999 : S  意訳:常人じゃない
900000 - 949999 : A+ 意訳:すごすぎぃ!!
850000 - 899999 : A  意訳:これを達成してクリアしたと言える
800000 - 849999 : B+ 意訳:惜しい
750000 - 799999 : B  意訳:頑張りましょう
700000 - 749999 : C  意訳:負け
    0 - 699999 : -  意訳:ゲームオーバー

※意訳部分は、艦長の私見です。


スコアの他に、主人公?のニャンコ(ノアという名前らしい)が、
楽曲クリア後に歩める歩数のゲージがあります。
これに関しては、ゲーム中に得られるブローチをうまく使う事で
歩数を稼ぐ事もできるようなのですが、プレイを重ねた結果、
どうやらスコアとは連動していないようだ、という事がわかりました。

簡単に説明しますと、スコアは、純粋に腕前のみだという事です。

なので、私のようにAランクが~~~!
とか言う人間には、ニャンコ歩数ゲージやブローチという要素は、
あまり意味がないという事ですね。

目指せ!Aランクを語る上では、
ノートをきっちり叩けたかどうかの判定(GoodとかJustなど)があるのですが、
これは、次回の記事にしたいと思います。
さっき知った驚愕の事実もあり、実際にゲーセンで検証したいので…。


その他、ゲーム内の細かい部分…
テヌート(押しっぱなし)やトリル(連打)等は
時々載せる予定のYou Tube楽曲動画の紹介にて
割愛したいと思います。



【ノスタルジア攻略・その2】PASELIを利用するべし

ノスタルジアに限った話ではないのですが、
昨今のゲーセンのゲームは、プレイ料金の支払いに電子マネーを使う事が
ほぼ、当たり前になっているようです。(諸説あり)

利点はいくつかありますが、
最大の長所というか、それにすべき理由が
データの保存にあります。

ノスタルジアを例にしますと、ストーリーモードがあるのですが、
ニャンコの歩数の記録(ストーリーの進捗)がそれに当たります。
また、開放した楽曲の記録ですね。
どちらかというと後者の方が大きいかもしれません。

また、電子マネー利用時だと、
このゲームの場合は、最初から最高難易度(Expert)を選べます。
(但し¥120円になる場合あり。金額はゲーセンの設定で変わる)

これが現金(¥100硬貨)の場合、
・難易度がNormal以下しか選択できない。
(Expertを遊ぶには、一度Normalを高スコアでクリアしないとプレイ不可)
・プレイデータが保存されない。ストーリーモードは最初から。
開放した楽曲も保存されない。


ゲームを堪能する大前提として、電子マネー(KONAMIはPASELIカード)を
利用する必要がありますね。残念ですが、時代の流れなのでしょう。

連コイン(¥100硬貨を財布から出して連続してプレイする様)の手間は、
一度カードを読ませるとその後は一切カードを出さなくても良いため
楽ではある事を付け加えておきます。





【ノスタルジア攻略・その3】現行機の正式名称はノスタルジア・FORTE

2017年の夏頃に、アップデートされたそうです。
ノスタルジア・フォルテ。







フォルテ…。






ダークドラグーンフォルテ2




あああああああああああああああああああああ!!!!




アディッショナルカードで実装されると思ってたのに!!!!!!


銀氷のドラゴニュート・フィルレイン!?

は!?

強ぇし可愛いし3積みだろこんなの!!!
ふざけんな!!!ありがとうございます!!!(ぇ


いやこれもいいカードだよ?いいカードだけどさぁ…。





ちなみにこんなの、の性能。

フィルレイン

ドラゴンのレジェンド

2コスト1/3
進化後2/4

ファンファーレ:銀氷の吐息1枚を手札に加える。
進化時:フォロワー1体に1ダメージを与える。



銀氷の吐息
2コストのスペル

相手のフォロワー1体に1ダメージ。
そのフォロワーがダメージを受けているなら、代わりに破壊する。




いや、おかしいだろ。吐息強すぎるだろって。
本体も1ダメ飛ばせるし。うまくすれば3体処理できるんですね。

可愛くなかったらクソカードでした。





はぁーがっかり(落胆もせずフィルレインは使う)

弱くてもいいから、フォルテを返してくれー。

カレンダー

10 | 2018/11 | 12
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -