斯様なブログへ足を運んでいただき、ありがとうございます!
こんばんは、艦長です。

予想通りというか、私生活では一方に集中すると
他が疎かになってしまいがちです。

最近は掲題の件について没頭しておりました。

スパーリングの相手は、毎度お疲れ様、ヒュム氏です。
今日は遅くまでスミマセンでした。どうしてもデッキを全部披露したく…。

なお、全部は披露できなかった模様(ぉ

奥様にもよろしくお伝え下さい。差し入れのアイスおいしかったです!



さて、最近はMTG熱が再燃している今日この頃です。
書き留めておく事で、後で見返した時に何らかのヒントになるかもしれないので、
ってかそもそも気まぐれの日記なんだろう、という原点に立ち帰って
今日の戦況をメモっておく事とします。

追記:全部のデッキを書きたかったんですが思いのほか時間掛かるので
    1個ずつにします。次回は…ゲフンゲフン


興味の無い方はスルー推奨。

使ったデッキと内容、特記事項。時系列順。


青緑 突撃陣形デッキ 調査Ver ~タフネスこそパワー!~





突撃陣形




キーカード <<突撃陣形>>を主軸に、タフネスの高いクリーチャーで
守りを固め、攻撃に転じるというもので、突撃陣形が場に無いと
戦えない…というのは「イニストラードを覆う影」環境前のお話。


新キーワード能力「調査」の力を活かし、ライブラリーを掘り下げ、
さらに<<墓モグラ>>によるライフ獲得で延命にも成功しています。


継続する調査2
墓モグラ
エルドワルの昭光



<<墓モグラ>>の持つ、
手がかりトークン生贄時のライフ獲得が肝で、
ヒュム氏もこいつは強いと言及しておりました。

実際のところ、調査を主軸にするデッキには
このモグラが投入されているケースが多々見られます。

手がかりトークンを1個だけ生贄での
3ライフはかなり大きく、時間を稼ぐどころか
ダメージレースで優位に立てるほどのポテンシャルを秘めています。


タフネスが4と大きい事もあり、黒系の除去以外では
なかなか除去される事がない、ナイスガイです。


本日のデュエルでも、3ライフ獲得で死ななかったという場面あり、
意図した運用ができていた感じでした。


調査の性質上、どうしても2マナを浮かせておかないといけないので
その他の選択肢も構えておけたら、もっと良いのかなぁとは
思いましたが、調査というシステムの強さを体感できたデッキですね。


まあ、いくら手がかりトークンを生贄にしても
引けない時は引けないのです…。


引くまで、引け。


追記を閉じる▲

【2016/05/23 02:11】 | マジックザギャザリング(MTG)
|
こんばんは、艦長です。

久しぶりに、このタグで記事を書いてみます。
そう、マジックザギャザリング(以下MTG)です。

先日4/8(金)に発売となりました、新エキスパンション(いわゆる新弾)
「イニストラードを覆う影」。

MTGの記事は5年振りの記事という事もあって、過去記事を見返すと
ちょうど「イニストラード」の記事だったり。5年前かよ…。
これには、管理人も苦笑いです。

そうかー、もう5年も経つのか…。

新ギミックの反転カード(裏面にも印刷があり、条件を満たすと裏面になり、
基本的に強化される)、吸血鬼・ゾンビ・狼男などの独特の世界観…。
そして、さらに前の2002年に初出のギミック、マッドネスのキーワード能力が
再び現世に蘇る。

発表時は、
「えー、またイニストかよー」
「マッドネスとかまた煩雑なのを持ってきたなぁ」
などなど、懐かしいというよりは、何かちょっとなぁ、と
思ったりもしましたが、世界観はそのままに、
バックストーリーやフレーバーがしっかりしていて
ファンをしっかり引き付けてくれます。

最近そっち方面は頑張ってますね、WoCさん。

できれば、カードパワーのバラナスももうちょっと頑張ってください(ぉ


ともあれ、発売初期の楽しみの一つでもあります
リミテッド戦(パックを開封してその場でデッキを作って戦う)
を、ヒュム氏と遊んでみました。


細かい戦歴などは省略しますが
私のパック運は、初戦以外はしょっぱかったです…。



高額レアを引いて、活躍もしたのですが…。


アヴァシン
今回の目玉レアでもあるアヴァシン様



しかし、結構あっさり除去されてしまった…。



全体を通して見返すと、世界観もあるので
しょうがないのですが、種族・色がどうやっても
固まる傾向にあるので、活かした構築ができると
善戦できたかなぁ、という感じです。

睨んでいた通り、タフネスのボーダーは3でしたが、
5という高タフネスでもあっさり除去できる場面もあったり。

リミテッドだけでなく構築でも使用に耐え得るような
カードもいくつか発見でき、なかなか楽しむことが出来ました。
ヒュム氏、お疲れ様でした。


新しい環境となり、先週まで使えたカード群ともおさらばしなければ
なりません。

いろいろ気になるカードが多々あり、
これらを試して、また記事を書けたらと思います。


第一弾は、このレアをぜひ使って記事にしたいですね。

末永く

死んでも永遠に…改め末永く~!


追記を閉じる▲

【2016/04/11 02:00】 | マジックザギャザリング(MTG)
|
最近、艦長が復活したものは主に3つあります。

1つはブログ。

2つ目は、マジックザギャザリング(以下MTG)です。


今月末に、最新エキスパンション「イニストラード」が発売されます。
それに先駆けて、一週間早く発売前にカードに触れて楽しむ事ができる
プレリリース大会というものに参加してみました。

土日の2日間あるのですが、初日の方の日記です。


【以下、マニアックな内容のため、興味ある方はどうぞ】


お店に行った時間が遅かったため、参加できたのは
ブースタードラフト(以下、ブードラ)のみでした。


学生時代の友人、J・K氏も参加。


先に行われていたシールド戦を眺めていた感じでは、
スピリットや吸血鬼が強い印象を受けました。

また、事前にインターネットでカードリストも熟知済み。



これで…勝つる!!!








しかし、色々勘違いしていた艦長。








ブードラは数年振りという事もあり、ブランクを自覚していなかった。










てっきり、ピックアップしたカードはお持ち帰りできるものだと思って








レアカード9枚
(高額レア土地カード4枚含む)9枚とか

うはおkwwwwwwwwwwww










試合終了まで気づかなかった…。







いや、これを負けた理由にはすまい。






では、戦績など。


なお、艦長のデッキは緑白タッチ赤でした。

メインが緑で、除去(1枚ですが)や補助に白、
赤は「ケッシグの狼の地」使うためだけに山2枚入れました。

ケッシグの狼の地


今思えばこれも失敗だったんだよなぁ。土地事故多発。




1回戦目 相手:青白 ○××

 1戦目は、綺麗にブン回って、それでもギリギリでしたが勝利。
 2戦目は、バウンス系フラッシュバック呪文などでテンポを崩される。
 あと「肉屋の包丁」強すぎ。
 3戦目、ダブルマリガンスタート。踏みとどまるも、やはりバウンスに敗北。


全試合に言えるのですが、こいつが大活躍。

片目のカカシ


相手の飛行持ちクリーチャーのパワーを1下げるのですが、
かなり有効でした。


あと、神話レアですが、このカード好き。

開放の樹


変に除去が来なければ、狼男だろうとビタっと止まるうえ、
ピンチを救ってくれます。こいつのおかげで全試合通じて2回勝利を得ました。



2回戦目 J・K氏 赤白反転デッキ ×○×

 やはり、対戦するハメになりましたか。
 負けまいと思っていたのですが、すでにカードピックの時点で負けて…。

 1戦目、狼男強すぎる…。8/5トランプルとか、無理です…。あと、反転レア多すぎる。
 2戦目、マリガンスタート。同じような展開になるものの、艦長の防衛持ちクリーチャーの
 前に往生するJ・K氏。「月桂樹の古老」「果樹園の霊魂」を駆使して勝利。

月桂樹の古老果樹園の霊魂


 3戦目、土地が3枚で止まる。相手、初手に「無謀な浮浪者」をプレイ。
 すぐに変身され…ってかこいつ強ぇ。初手から呪文を唱えるのは容易ではない…。
 何とか除去できそうだったのに、続けて「アヴァシンの仮面」を置かれ、
 成すすべなく…。

無謀な浮浪者アヴァシンの仮面

 それでも最後まで、3マナしか出ない状況下で気合で
 2回呪文を唱える事で、再変身させて時間を稼ぐ。

 手札の「開放の樹」さえプレイできれば…!!

 土地来なくて負け。


狼男シリーズ、意外と達成は容易。さらに、一度変身すると、よっぽど軽量呪文が
山積みでない限り、また変身する事は少なそうです。



3戦目 黒青 ○○

一応勝てましたが、危ない場面も多々ありました。



1つ目がこの装備品。

穿孔の刃

装備して攻撃すると、相手のライブラリーを上からベリベリ墓地に落としていき、
土地が出たら終了。そこまでベリベリしたカードの枚数、パワーが増えるというもの。

11枚落とされ、食らった時にはオワタと思いましたよ…。
どんだけ土地出ないんだよ…。


もう1つは。

審問官のフレイル


装備すると、そのダメージが2倍に、そして装備しているクリーチャーが受けるダメージも
2倍になるというもの。


こんな激しい装備を、こんなクリーチャーが握ってくるもんだから、死ぬ死ぬ。

嵐霊

パワーとタフネスが手札の枚数で、攻撃に成功すると1枚引ける。



しかし、ここでも活躍のカカシ君!!

すごいぜカカシ。飛行クリーチャーのパワーを1下げるだけで、死を回避できるとは。




負け越してしまいました…(当たり前)


明日も行けたら行ってみたいところです。


追記を閉じる▲

【2011/09/24 23:09】 | マジックザギャザリング(MTG)
|
最近の記事がツマンネー事になっているので、
「ちゃんと生きてるよ!」というのを前面に押し出した記事でも
久々に書いてみます。

以下、ギャザ関連のマニアックな話題になるので
ある意味ツマンネー記事かもしれませんが、ご了承下さい(ぇ






先週金~土曜日に、ヒュム氏邸に泊まり込みで遊びました。
今回は、6年振りくらいに同じく学生時代の友人で
MTG仲間の風間氏も参加。



最近発売されたエキスパンション(シリーズ)の
「ミラディンの傷跡」を5パックずつ購入し、
それでデッキを構築して対戦。



今回のシリーズは、ミラディンという名前を冠するところからも
察しがつくように、アーティファクトがメイン。
「粉砕」をプレイすれば大体壊す事ができる。すげー

って「粉砕」は今回採録なのか…ビックリだ。





余談。
後で調べて分かった事だが、「粉砕の嵐」のような
全体アーティファクト破壊呪文は、現環境には無い模様。
これは…金属術デッキも夢ではない?





話戻って、5パックでデッキを構築。

うーん。青が少ない。
さすがにアーティファクトメインなだけあって、
茶色いカードが多い。入れない選択肢は無い。
まあこれのおかげで、色事故はしにくいはず…。

そう思っていた時期が、俺にもありました(ぇ



結局、手元のカードパワーの高いもの(=強いカード)が
レアの「鍛えられた鋼」「エズーリの大部隊」くらいしかなかったので、
やむなく採用する事に。

どちらも、アーティファクトカードを多量に入れておかないと機能しないので、
ちょっと多めに投入。まあ、入れるだけなら簡単なんですけどね。

後は、「屍気を飛ばすもの」が比較的強力と判断し、
黒を採用。

上記レアカード2枚が色マナが濃いのでちょっと厳しいかとも思いながらも
白・緑・黒の3色で行く事に。


デッキ内容的には、
可能な限り、色の合った軽量クリーチャーを
投入した、ビートダウンデッキ。「屍気を飛ばすもの」が2枚
手元にあったので、これをメインに据えつつ、
アーティファクトクリーチャーを展開。
上記の2枚のレアカードをうまく引いて、それで勝負を決めるというもの。



さて、勝負の結果は…。



VS ヒュム氏(赤白黒バーン寄りデッキ)
結果:○××


最初の1戦目は、綺麗に回って「鍛えられた鋼」まで
展開でき、最終兵器でもあった「瀉血(しゃけつ)」でとどめを刺し、一本もぎ取る。


これはいける…!


しかし2、3戦目はヒュム氏の多数の焼き呪文と、
この環境では撃てば大体破壊できる「粉砕」
クリーンヒット。さらには3体飼いならしていたという「ヴァルショクの模造品」
内臓能力に敗れる。




VS 風間氏(黒タッチ赤 毒デッキ)
結果:××

さすが風間氏、大好きな黒をためらわずチョイスしていた。
さらに赤は2枚くらいしか入っていなかった。すごすぎる。

今回の新能力である感染を多く取り入れた、毒デッキ(本人曰く、毒は
メインではないとの事)

結果、2戦連続で負け…。

1戦目は見事に毒で死亡。

2戦目は、2体のドラゴンに襲撃されてなすすべなく死亡。
除去カードが無かったのでどうにもならないッス。




というわけで、ビリでしたっ




いやしかし、久々のギャザでしたが
やっぱり面白いですね。


遊べる機会が今後あるようなら、また購入も検討したいところ。

まあこればっかりは、周りの環境もあるので何ともですが。




というわけで、ヒュム氏と風間氏には
今後の対戦も示唆しておくのですっ


追記を閉じる▲

【2010/10/13 23:10】 | マジックザギャザリング(MTG)
|
エンドレスタワーに引き続き、マジックザギャザリング(以下MTG)
プレイ日記です。

かれこれ、最後の初心者講座から
1年になろうとしています…。これはいかん!
流れだけでもきちんと解説せねば…という事で、
今回はちょっと力入れて書きますよ~。

エンドレスタワーは事前に予定していたんですけど、
それまでの時間、ふと思い立ち、ゲームショップりらいへ
足を運ぶ。(カード屋さんです)
学生時代に時を同じくしてMTGを遊んだデュエル仲間も
未だに元気してました。

最新のカードパックを10パック購入。

ヒュム氏(以下敬称略)宅へ赴き、エンドレスタワー攻略。
(前記事参照)





一眠りして、買ってきたパックを分けて、デッキを作り、
いざデュエル!!





Nivea VS Hymn


イメージ映像です。
ちょっと対戦ゲーム風にアレンジ。
(背景はブレイブルー公式ホームページより拝借)




使用したエキスパンション(シリーズ)は、最新の
ゼンディカー。




参考までに、過去紹介した初心者講座の復習を兼ねて
ルールから再度説明を。



MTGはトレーディングカードゲーム。
プレイヤーは魔法使いとなり、カードを使って
対戦相手を倒す事が目的です。

勝利条件は様々ですが、
基本的には相手のライフ(体力)20点を削り切ると
勝利となります。


呪文を唱えるのには、マナと呼ばれるエネルギーが必要です。
マナは、土地カードから得る事ができます。

呪文はいくつか種類があり、大別すると、
・クリーチャー
・その他

の、2つに分けられます。


クリーチャーは、魔法生物。
人間から化け物、果ては機械と様々です。
このクリーチャーを召喚し、攻撃させたり、
その攻撃を防御したりするのがポイントです。


その他の呪文は色々種類も豊富ですが、
これは実践を踏まえて説明していきたいと思います。




では、見て行きましょう。




先攻は、艦長(Nivea)。


自分のターンにできる事は、主に以下です。

・土地カードを一枚置く
・土地カードをタップ(カードを横向きにする)して
マナを生み出す
・マナを消費して、呪文を唱える
・クリーチャーで攻撃する

一部、相手のターン中にも行えるものがあります。
まあ詳細は省略しますね。


このターンでは、艦長は土地カードを一枚プレイして、
ターンを終了しました。(カードを使う事を、プレイと総称しています)



ヒュムのターンです。

初手以降は、どのプレイヤーもターンの始めに
カードを一枚引きます。

ヒュムも、土地を一枚プレイして、
ターン終了しました。



●艦長:2ターン目
土地をプレイして、ターン終了。



○ヒュム:2ターン目
土地をプレイして、ターン終了。
お互いに何もできていないのは、土地2枚から
生み出せる2マナでは、唱えられる呪文が手札に
無いからです。



●艦長:3ターン目
土地をプレイ。
土地2枚をタップし、2マナを生み出しました。
そして、手札から「血の求道者」を召喚しました。


3ターン目





血の求道者


このカードはクリーチャーです。
パワー(攻撃力)が1、タフネス(体力)が1と
貧弱ですが、能力を持っています。


・いずれかの対戦相手のコントロール下でクリーチャーが1体
戦場に出るたび、あなたは「そのプレイヤーは1点のライフを失う」
ことを選んでもよい。


…わからない人が読んだら「何のこっちゃ」と思われるでしょうが、
意訳すると、ヒュムがクリーチャーを召喚すると、1点ライフが減らせる
という事が書いてあります。

大げさに書くと、この後にヒュムがクリーチャーを20体召喚してくれたら、
それだけで勝てる!とも言えます。
まさかそんな事は起きないでしょうけどねw


いずれにしても、序盤にこの血の求道者が召喚できたことは、
艦長が少し優位に立てたと言えます。


しかし相手はあのヒュム。
こんな状況など想定の範囲内です。


艦長はターン終了。



○ヒュム:3ターン目


…続きは次回へ(反響があれば)


追記を閉じる▲

【2009/11/09 00:37】 | マジックザギャザリング(MTG)
|

No title
ジニー
久しぶりのカードゲームですね~?^^
解説お疲れ様です~^^

すいません・・私も「なんのこっちゃ」ですね~^^;
クリーチゃーを出した人に対して対戦している人が
一点貰った!と言える事なのでしょうか~?

クリーチゃーさんって見た目はゾンビみたいですね~w
怖すぎですね~w可愛いのは居ないのですか?w


コメントありがとうございます
艦長
>ジニーさん
次回もう少し詳しく解説しますが、
「血の求道者」を操っている(ゲーム中は
コントロールしている、と表現します)人、
つまり艦長が「1点いただいた!」宣言ができる
という事ですね。

このクリーチャーは、カードの中段あたりに
書いてありますが「吸血鬼・シャーマン」です。
吸血鬼が種族で、シャーマンが職業みたいな感じです。
吸血鬼は言わずもがな、シャーマンってのは
一般的でないですが、巫女・祈祷師等を指します。

可愛いのもいますよ~。
色んな意味で(ぇ

コメントを閉じる▲
半年振りくらいの、マジックな記事です。

金銭的事情+時間が無いという理由から、
マジックから遠ざかっていました。
それでも、ネットで情報収集はチョコチョコしていまして。

ここ最近になって、急にまた遊びたくなりました。
しかしカードは手元に無い…(正確には新しいカードが無い)

そこで登場するのが、「Magic Workstation」というツールです。
デッキをシミュレーションできるツールなのですが、
ネットワークを介して対戦もできます。

週末の休みと言えば、ヒュム氏、しゅり氏とROでエンドレスタワー登城を
するのが相場。彼らもギャザ仲間なので、「ちょっとやろうぜ」と提案。

エンドレスタワー記事と、ギャザ記事を後ほど書きたいと思います。

【2009/09/05 18:36】 | マジックザギャザリング(MTG)
|
今日の記事は、複数に分けて書いてみます。

14時に起きた割には色々やってんじゃねーの?
的に見せかけるために…(謎

以下、マニア内容。

店には、以前記事にも書いたチャンプのO君がいたので
声を掛けて遊ぶ事に。


デッキはかなりいっぱい準備していたものの、
夕方ということもあって、3個しか披露できなかった。


デッキ1個目・ノンスペルエレメンタル

赤を中心とした、多彩なエレメンタルクリーチャーを
搭載し、スペルはアメジストのとげで対抗する。
キークリーチャーは概念の群れ。こいつで
使い捨てているであろうエレメンタルを墓地から場に戻す。
という感じのデッキ。


対 キスキンウィニー

戦績:××


1回戦
相手の除去は、どうやら輪っか(忘却の輪)しかないようで、
マナクリーチャー群に悩ませる事はできた。
しかし、スペック差で押され、乙る。

2回戦
概念の群れが大活躍するも、ゴキ(台所の嫌がらせ屋)に
しぶとく留まられ、ライフ差で押し負ける。キスキンというよりトークンデッキなのかも?



デッキ2個目・黒単8アンホーリー
ならず者を中心とした、邪悪なる力御身の刃
それぞれ4枚搭載した頭の悪いデッキ。


対 エスパーコントロール

戦績:×○×


1回戦
潮の虚ろの漕ぎ手つえー。
2体も出さないで下さい。負け。

2回戦
また漕ぎ手ですか。しかし、エンチャントが3枚ついた1/1で数回殴り、
除去されるも最後は墨深みの浸透者を除去ず、相手が投了。

3回戦
2枚入っているというマスチー(剃刀毛のマスティコア)をプレイされ、
俺が投了。無理だってw


3個目・バントカラービートダウン
青緑白の3色から、優秀どころをピックアップしてぶん殴るデッキ。
コストが軽いのが特徴。

対 エスパーコントロール(同上)

戦績:○○

1回戦
岸砕きのミミックが毎ターンサイズアップして殴って勝ち。
何気に2枚しか入ってない輪っかを引いてしまい、それも刺さったのが大きかった。

2回戦
ミミック大活躍。最後に巨大化でトドメ。



ガチ勝負用のデッキもあったけど、
やっぱこういうお遊び要素があるデッキが好きだなぁ。



来年も、きっとギャザをすることでしょう。


追記を閉じる▲

【2008/12/31 01:55】 | マジックザギャザリング(MTG)
|
前回は、カードの種類を大別しましたね。


再記しますと、

1.土地カード
2.呪文カード


この2種類に分けられます。



…と。





書いてて思ったのが、

細々と項目を解説していては
初心者講座じゃない気も…って事。





今回より、
好評のSSをメインに、ゲームを一通り通しての
解説にしたいと思います。

細かいところは、その後に解説しますね。
まず、基本として
相手がいることが絶対条件ですw


次に、デッキを準備しておくこと。


デッキとは、60枚以上からなるカードの束です。
前々回に説明しましたね。


前回説明しましたが、呪文を唱えるには
マナが必要…ということは土地カードは必須です。

ですが、土地カードだけで60枚を構成するわけにもいきませんね。
呪文が入ってなくては、戦えません。

この辺のバランスが難しく、そして面白いのです。

いずれ、この面白さもわかってもらえる日が…来ると…信じて…。








さて、準備が整ったら、先攻・後攻を決めます。
一般的にはジャンケンで、まれにサイコロで決めたりします。






デュエル!Nivea VS ユーリアス2




先攻・後攻が決まったら、
デュエル開始です!!






デッキは裏向きにして、
机などの上に、手元に届くところに置かれます。

以降、これはライブラリーと呼びます。


お互いに、ライブラリーの上からカードを7枚引きます



では、先攻のNiveaのターンです。




ここで、ターンの解説です。

プレイヤーのターンは、以下から構成されます。

1.開始フェイズ
2.メインフェイズ1
3.戦闘フェイズ
4.メインフェイズ2
5.終了フェイズ

フェイズごとに、また細かくあるのですが、
それはその時その時に解説しますね。






Niveaの開始フェイズです。


基本的に、先攻の開始フェイズはあまり意味がないので
ここでは省略します。





Niveaのメインフェイズです。

メインフェイズでは、土地カードを置いたり、
呪文カードを唱える事が可能です。

なお、この「置く」や「唱える」というのを
マジックにおいては「プレイする」と呼ぶので、
以降はそのように表現します。



呪文をプレイするには土地が必須なので、
まずは土地をプレイします。



Niveaは、森カードをプレイしました。







森










このカードについて、解説しますね。














森詳細








大事なのを赤枠、それほど重要でないのを水色枠で
囲っていますが、一番重要なのは、

これが森であるということです。









森セット




なお、土地カードは
そのターン中のメインフェイズに1枚しかプレイできません。

Niveaは、今1枚プレイしたので、
このターン中は、土地カードをプレイできません。




Niveaの手札(手持ちのカード)では、これ以上する事がないようです。




戦闘フェイズに入りました。




Niveaの陣営には、戦闘できるクリーチャー(魔法生物)が
いません。



このゲームでは、クリーチャーだけが
戦闘フェイズで攻撃に参加できます。




このターンでは攻撃ができませんので、
この戦闘フェイズは終了します。





メインフェイズ2に入りました。


ですが、Niveaの手札では何もできないようです。








1ターン目終了




終了フェイズに入りました。


このフェイズも細かい事がありますが、
序盤は意味が無いので省略します。





これで、Niveaのターンが終了しました。



次は、ユーリアスのターンになります。






…が、今日はここまでw




追記を閉じる▲

【2008/11/12 02:26】 | マジックザギャザリング(MTG)
|


ジニー
7枚カードを持っていて1枚しか出せないのですね~?
森のカードだけだと~呪文の準備をしただけと言う事
なのでしょうか~?^^;

カードのイラ綺麗ですね~?^^
神秘的で素敵だと思いました~^^

SSはゆーりさん復活ですね?w
次はゆーりさんの番なのですね~?
でも本当にSS楽しくていいですよ~^^

コメントありがとうございます
艦長
>ジニーさん
土地カードだけでなく、
マナさえ許せば呪文を好きなだけプレイできます。
が、最初のターンなので、お察しの通り
準備段階なのです。

イラストは色々ありますね。
まあきれいなものもあれば、
これは…っ
って感じのグロテスクなものもありますけどw

次はユーリ姉さんのターンです。

SS(厳密にはそう見せているだけ)も
力入れて書きますよ~

コメントを閉じる▲
第1回では、マジックとは何かを解説しました。


おさらいすると、

1.1対1のバトル
2.プレイヤーは60枚以上の山札(デッキ)を用意する
3.プレイヤーのライフは20点。それが0になると負け
4.山札が無くなって、引けなくなると負け

こんな感じですね。



第2回では、どのようにゲームを進めるのかを解説していきます。



デュエル!Nivea VS ヒュム氏
   ※デュエルの1シーンですが、これを理解できる日もすぐかも?






プレイヤーは、呪文を唱える事で、
魔法生物(クリーチャー)を召還して対戦相手を攻撃したり、
時には防御したりして戦っていきます。


呪文を唱えるのには、魔力…このゲームでは
「マナ」…が必要です。

強力な呪文であるほど、マナを多く消費したり、
制限が多くなっていきます。




マジックでは、大きく分けて下記の2種類のカードに
大別されます。

土地カード:マナを生み出すカード
その他:呪文カード


土地カードからマナを生み出して、
呪文を唱えていく…という感じです。




かなりスローペースですが、
これも布教のためなのです!!


次回もお楽しみにっ


追記を閉じる▲

【2008/11/11 07:00】 | マジックザギャザリング(MTG)
|


ゆーり
わたしいきなり戦線離脱してるじゃん!?

ここでこの後コメントを入れるであろうジニーさんのためにちょっと説明追加だっ!

マナとは、すべての生物が生まれながらに持った「命」そのものというべき力です。つまり、土地カードによってその土地に存在する「大地の息吹」の恩恵を受け、自らの体に「魔力」という形で力を蓄える、そういうことですね。

人はみな、大地の恵みを受けて生きているのだとそういうわけなのです。

以上、なんとなく補足でした。

しかしこれはわたしの勝手な解釈なので実は補足でも何でもないという不思議な話(ぁ

コメントありがとうございます
艦長
>ユーリ姉さん
いやいや、これからどんどん出しますのでご安心を。
強い相手の例ということで彼を使いました。

マナの説明ありがとうございます!
そんな感じです~


ジニー
私の為に説明ありがとうございました~w
えっと・・・つまり土地神様みたいなものかしら?^^;
そろそろ混乱してきました~w

でもSS凄い作成ですね~?
どうやって作っているのですか?専用ソフトみたいな
ものが有るのかな?SS楽しみに観ていたりします^^



ヒュム
しばらく見ないうちに凄いことに。
傷は大丈夫かい。

コメントに困るが、とりあえずライフは逆が正しいだろうなw

コメントありがとうございます
艦長@会社
>ジニーさん
あまり難しく考えなくてOKですよ。
その辺りはこれから解説していきたいと思います。

専用ソフトなんて無いですw
思いっきりExcelで作っています。


>ヒュム氏
すごいでしょ。
傷は大したこと無いです。
ライフは迷ったんだけど、あえてこうしたのよ。
貴殿なら…これくらい!!(勘違い

コメントを閉じる▲
とあるブログで、初心者さんに対して
わかりやすくマジックザギャザリング
(Magic・The Gathering。通称MTG。以下マジック)を
紹介・解説しているところがありました。


そこで、「真似していい?」って聞いたところ、
快く了解を頂いた次第です。



というわけで、やります!!








艦長の、マジック初心者講座を!!






目的はもちろん…




マジックの布教です!!










当ブログを閲覧いただいている方にも
わかりやすく、絵を付ける等してできるだけ
面白いものを提供したいと思いますので、
お楽しみに。







初回は、マジックとは?と、基本ルールについて。


マジックは、アメリカのウィザーズ・オブ・ザ・コースト社製の、
トレーディングカードゲームです。

(日本の販売元はタカラトミー)





世界で初めて登場したトレーディングカードゲームで、
このマジックの発売によってトレーディングカードゲーム(TCG)という
ジャンルが生まれたとの事です。



数学者のリチャード・ガーフィールド氏が開発、1993年8月に最初
セットであるアルファ(第1版)が発売されています。



マジックは、一定の制限内で好きなように
カードを組み合わせたデッキ(カードの束)を用意し、対戦するのが
主なルールですが、その自在性と、カード本来の持つイラスト等の
芸術性やコレクション性がさらにおもしろさを向上させているのが特徴です。



基本的には2名のプレイヤーによる1対1の対戦ゲームです。





まずは、双方のプレイヤーが各々20点のライフポイント
ルール制限に従った60枚以上のカードで構成されたデッキを持つことから
始まります。




プレイヤーは各々自分の手番(ターン)で交互に相手を攻撃し、
ダメージを与えてをライフを減らします。





これを交互に繰り返し、プレイヤーのライフポイントが0になるか、
もしくはデッキのカードが無くなって、カードが引けなくなった時点で
そのプレイヤーが敗者となり、ゲームが終了します。



デュエル!Nivea VS ユーリアス





詳細は、次回へ続く!


追記を閉じる▲

【2008/11/09 23:59】 | マジックザギャザリング(MTG)
|


ゆーり
あれだ!毎回「俺のターン!ドロー!!」って叫びながらカードを引かなきゃいけないという暗黙の了解があったりするのだっ!!!

そしてガーフィールドといえば、あのトゥーンアニメにでてくる犬だったかトラだったか・・・・・(ぁ


カウンター666を踏んだのはさすがと言わざるを得ない、そんなわたしは悪魔っ娘・・・・・・・・ふふふふふ



ジニー
カードを上から出していけばいい?・・・では無いですね^^;
お二人で対戦のSSが可愛いですね~^^
毎日見て理解は無理かもですけど~雰囲気ぐらいは
掴んでみたいと思います~^^


コメントありがとうございます
艦長
>ユーリ姉さん
さすがに、「俺のターン!」っては聞かないですねぇw
「超ドロー!」ってのはたまに聞きます。
普通にカードを引くんですけどねw

666Hitおめです~


>ジニーさん
そこらへんのルールはこれからわかりやすく
解説していきたいと思います。
SSの感想ありですw ちょっと頑張ったのでw


コメントを閉じる▲
昨日は見事なまでの寝落ち。
気付いたら椅子で朝5時だった…。

寝直したら、2時でしたよっと。

冷蔵庫に何もないので、
出かけるしかない~。

久々に、カードショップりらいへ足を運ぶ事に。



学生時代のカード仲間、JK氏を発見。

さっそくデュエル!



※追記はデュエル模様なので、
 MTGを知らない読者の皆さんは、
 今日はスルーしちゃって下さいw

俺のデッキは、
新エキスパンション「アラーラの断片」を
ふんだんに使用した、青黒赤のグリクシスカラーデッキ。
セドラクシスの死霊ケデレクトの忍び寄るものなどの
優秀なマルチカラークリーチャー群に天主の勢力
エンチャントして除去耐性を付け、横から押すデッキだ。
そして隙あらば悪魔の伝令から、束縛の皇子
通称皇子を呼び、圧倒する。


対するJ・K氏は
黒赤緑のジャンドカラートークンデッキ。
現環境の高額レアカード苦花ゴブリンの突撃
生成されるトークンクリーチャーを活用する感じのデッキ。


1戦目
悪魔の伝令をプレイすると、
「皇子かよ!ww」とちょっと警戒される。
(皇子はある意味ネタなのでこんな反応をされる)
2ターン目に苦花をプレイされ、かなり劣勢に陥る。
その後、ライフを削るもナントゥーコの鞘虫墓穴までの契約(通称パクト)
と流れるように出され、死亡。パクトは無理だ…。

2戦目
J・K氏の土地事故により、有利に進める。
皇子が爆誕し、天主の勢力をエンチャントして
暴れたところでJ・K氏投了。

3戦目
またしても苦花にやられる。
鞘虫とパクトのコンボを必死で切り札カードのグリクシスの魔除け
戻すも、焼け石に水…。パクトはきつすぎる…。


こちらのデッキでは、エンチャントは割れないので
やっぱり厳しいか…といった感想。



他のデッキも面白かった戦況があったので
挙げてみます。


艦長:グリクシスカラーデッキ
J・K氏:緑白青のバントカラー天使デッキ

J・K氏のデッキは、浄火の大天使をあらゆるところから
召還してくる感じのデッキ。


最後は、自身が瀕死になってしまい、艦長勢の決死のアタックに
対して天使を泣く泣く召還し、ダメージを移し変えるも…
すばやく皇子を召還して「天使下さい^^」を迫って終了。




観戦していた外野からは、


「何この遊戯王」と一言。



確かにwwww








いやぁ、久々のギャザでした。

また遊んできたら書いてみます。


追記を閉じる▲

【2008/10/26 22:43】 | マジックザギャザリング(MTG)
|
ネタが無いわけでは無いですが、
ふとググってたら見つけた書き込みが
目を引いたのでペタリ。

ギャザを知らない人は、
読んでもさぱーりだと思います…。
ゴメンナサイ。


ヒュム氏へ。
感想と、何をググってたかを当ててほしい。
さらっと見れば恐らく貴殿ならわかる…はず。

以下、2ちゃんのとあるスレ


418 :名無しプレイヤー@手札いっぱい。
緑初心者の俺の相談にのってくれないか

6~8マナで、優秀な生物はどんなのがいるか知りたいんだ。
制圧力の高さOR除去耐性の高さ重視で、オススメを教えてくださいませ。
カジュアルなんで、古いのもOKッス。


436 :名無しプレイヤー@手札いっぱい。
全ファッティ入場!!

ボール・ライトニングは生きていた!! 更なる色役割の変更を積み歩く火力が甦った!!!
ラノエルから2Tアタック!! 地壊しだァ――――!!!

数の力はすでに我々が完成している!!
苗木トークン新緑の魔力だァ――――!!!

組み付きしだい変異しまくってやる!!
甲鱗数継承 そびえ立つベイロスだァッ!!!

素手の殴り合いなら我々のトランプルがものを言う!!
まんま動物園 サイの暴走!!!

真の護身(タフネス)を知らしめたい!! タフネス14 土着のワームだぁッ!!!

アップキープは3回程度だが数字だけ見ればオレのものだ!!
実質5/5ぐらいッ アボロスだ!!!

フェアリー対策は完璧だ!! 瞬速があってよかった 雲打ちッ!!!!

全クリーチャーのベスト・バランスは私の中にある!!
氷河期の災厄が来たッ 甲鱗のワームッ!!!

サイズだけなら絶対に敗けん!!
ドレッドノート級のパワー見せたる 元コンボ要員 クローサの雲掻き獣だ!!!

ターボ明神(なんでもあり)ならこいつが怖い!!
ジョニー・プレイヤーのファッティ・アイドル 生網明神だ!!!

相手ハンドからヴェンセールが降臨だ!! レガシーにレジェンドなんて居ないと思ってました 素拳の岩守!!!

猶予の無いアタックがしたいからパララクス(消散)になったのだ!!
2Tで20ダメージを見せてやる!!スカイシュラウドのビヒモス!!!

めい土の土産にトークンとはよく言ったもの!!
pig能力が今 鞘虫でバクハツする!! 強いのは鞘虫の方 共生のワームだ―――!!!

被覆・飛行・トランプルこそがファッティの代名詞だ!!
まさかこの実験体がきてくれるとはッッ シミックの空呑み!!!

闘いたいからここまできたッ キャリア一切不明!!!!
カバルシティのピット(ケンカ)ファイター カマールだ!!!

オレたちは未来予知最強ではないクリチャーで最強なのだ!!
御存知5/6 タルモゴイフ!!!

回避能力の本場は今や基本セットにある!! オレを止める奴はいないのか!!
茨の精霊だ!!!

デカァァァァァいッ説明不要!! 2回で16/16!!! 3回32/32!!!
カメレオンの巨像だ!!!

ファッティは実戦で使えてナンボのモン!!! 実はヒバリでリアニメイト!!
彩色から尊厳初の登場だ!!!

対青はオレのもの 邪魔するやつは思いきり殴り思いきり蹴るだけ(3回まで)!!
MM-INVスタンダード統一王者 ブラストダーム

自分を試しにレガシーへきたッ!!
エクステンデッド神河チャンプ 北の樹の木霊!!

名誉回復に更なる頑強をかけ ”絶望の天使”森滅ぼしの最長老が帰ってきたァ!!!



カードがわかると笑えるw
さて、久々にデッキでも考えようかなぁ。


追記を閉じる▲

【2008/08/28 00:34】 | マジックザギャザリング(MTG)
|

Re: ギャザネタ
ゆーり
さっぱり理解できないゆーりは、ちゃんねらーの無駄に高いテンションを楽しむのであった(まる

めい土⇒冥途はきっとわざとだと信じたい・・・っ!!!

Re: ギャザネタ
艦長
コメントありがとうございます。

>ユーリ姉さん
冥土はわざとですかね?
ちょとわかりませんw

知ってる人は
あーこんなカードあったなぁ
というのを楽しめるのでした。

Re: ギャザネタ
神薙みづき
さっぱりわからないので別件に突っ込みを・・・
自己紹介の画像が表示されましぇんTT

Re: ギャザネタ
ヒュム
尊厳初じゃね?わかんないけど。
元ネタはバキかね。

しかし…シルヴォスは!?ラッシュウッドの精霊は!?
むしろ空呑みがアリなら魂売りだろっ!!!!!!!!

いや、艦長的には氷河跨ぎのワームか…。

Re: ギャザネタ
艦長
コメントありがとうございます。

>みづきさん
あれ…なんでだろう。
画像を変えたらこれかー

まだ見れませんか?


>ヒュム氏
即答ですか。しかも正解だし。
あー、バキか。そういえばこんな場面が
あったかもしれない。

魂売りは5マナだから…って
4マナのブラストダームが入ってるww


氷河跨ぎのワームいないね。
やっぱこいつは誰も使っていないのかなぁ。
俺は最後までこいつを可愛がるよ!!

そして尊厳初に浮気!!(ぇ

コメントを閉じる▲
タイトルの通り、ギャザ話です。


ここから先は読者をぶっちぎりしちゃうよ!!

わかりやすく書くつもりだけどね…。



興味の無い方は、読まないのが懸命かもー




この日に参加したのは、プレリリーストーナメントという大会。

新しいエキスパンション(シリーズ)が月末に発売されるのだが、
それに伴い、ちょっと先取りで新カードを使って対戦しましょう的な
大会だ。


参加者は、基本セット+新パック3つを使って、デッキを作成する。


ギャザに限らず、トレーディングカードゲーム(以下TCG)には
レアリティが存在する。高い順に、レア>アンコモン>コモンと
なっているが、どうしても、レアのカードパワーは高い
(=強ぇカードって事)ため、カードの引き次第…つまりは
運が大きく絡むわけだ。一概には言えないケド。





ちょっと余談。

ギャザは、呪文カードの他に、
それを唱えるためのマナを生成する土地カードというのが
存在する。

強力な呪文は、マナを多く使うので、土地カードを
たくさん並べなくてはならないが、土地カードは、
自分のターンに1枚しか置けない。

これも一概には言えないが、
強いカードは後半に使うのを余儀なくされるか、
最悪出番が無いなんて事もありえる。





大会の話に戻るが、
参加者は20人程度。

ヒュム氏と、同じく学生時代の友人である
カタヒー氏と、大会会場であるお店で
知り合った現役高校生のO君も参加していた。




パック類が配布され、
デッキ構築に入る。



基本パックにはレアが3枚入っている。



今日の俺はついているようだ。

引いたカードは、「妖精の女王、ウーナ」こと、↓のカード。


ウーナ



イラストも美麗ながら、その強さも群を抜いている強力カードだ。



フェアリーという種族は、得てしてそのパワーとタフネス(体力)が
小さく設定されているのだが、ウーナは女王だけあって5/5。

余談だが、タフネス5は、相手の呪文で殺されにくい数字であり、
パワー5も、相手を倒すには申し分ない。
さらに、飛行という能力を持っているが、これは
同能力を持っていないクリーチャー(魔法生物の意。
ウーナもクリーチャーである)にはブロックされない(止められない)。

恐るべきは、マナを費やす事で、相手のライブラリー(山札)を
削り落す事ができるのである。(敗北条件には、山札が0になっても
負け、というものがある)

ただ削り落とすだけでなく、条件を満たすと削ったカードの枚数だけ
しもべが出てくるという…。


言うなれば、召還できて、殺されなければ
勝ったも同然…そんな素敵な女王様なのである。





ヒュム氏との打ち合わせでも、
「ウーナとか出たら終わるよね」等と会話を交わしていただけに、
表面上は冷静を装いながらも心の中では




 

 

 

 

 



(今回はもろたで…)


と、ほくそ笑んでいた。

まあそんなに甘くは無かったわけだが…。






新シリーズのパックもベリベリあけて、
ウーナを主軸に、デッキを構築していく。



俺は、普段はぱぱっと構築してしまうのだが、
今回は、時間を掛けてじっくりと…じっくりと組んだ。





構築時間が終了し、対戦が始まる。



いつも、ヒュム氏等、知り合いと初戦当たるケースが
間々あるのだが、今回は大丈夫だった。



戦歴と、簡単な試合内容を書いてみる。
試合は、3戦行い2勝した方の勝ち。




1回戦
VS 順優勝者さん

戦歴:××

1戦目、土地カードが引けず、2マナの低コストカードしか
唱えられず、押し切られる。余談だが、ウーナ様は6マナです。

2戦目、均衡した場ながら、順調に土地カードを引き、
何とか相手のライフを1まで削る。
こちらのライフも十分あったが、ここで相手の唱える
「空砕きの呼び声」に状況をひっくり返される。



空砕きの呼び声



7マナと重い(呪文を唱えるのに時間が掛かる)呪文だが、
ひとたび唱えれば、ウーナ様と同じ5/5の巨大クリーチャーが
出る上、この呪文は、「回顧」という能力がついている。
手札に土地カードさえあれば、それを捨てることで
再度呪文を唱える事が可能なのだ。

つまり、後半は十分なマナに至る事で不要になる
土地カードを無駄にすることなく強力な呪文を唱える事ができる…。



俺は、すでに手札が底をついており、
頼みの綱は、デッキに眠る、女王ウーナ様のみ…。




俺のターン!ドロー!



引いたカードは女王ウーナ!!


互角に渡り合えるパワーとタフネス、そして、
ウーナの持つ能力で、数で勝負できる。
1点くらいなら、簡単に通せるであろう。



勝った―。と思ったら、



相手のターン。

唱えられた呪文は「瓜二つ」。



対象のクリーチャーと同じクリーチャーを
場に出せる、強力な呪文だ。


対象は、ウーナ様。




ウーナ様の抱える弱点を突かれた瞬間だった。



ウーナ様は、その強力さゆえ、「伝説の」クリーチャーである。

ギャザには、バックストーリーがあって、
そのストーリーになぞらえて各カードが作られているのだが、
重要な人物・キャラクターはすべて「伝説」として括られている。


伝説のクリーチャーは、場に一体しか存在できない―




2体、存在する状況が作られたなら、
互いに存在を抹消されるのである。





難しく書いたが、要はウーナ様が2体存在しちゃったので、
どっちも死んじゃったよーって事だ。



つまり…




ぐぶっ、負けた…。




後でわかった事だが、この対戦相手のデッキは、
かなりカードパワーが高い事がわかった。
負けて当然な勢いだったらしい。

頑張ったんだけどなぁ。



2回線
相手がドロップアウトしたらしく、
不戦勝だった。なんだそりゃー





3回戦
VSカタヒー

身内と当たった。


戦歴:○×○

1戦目、相手のデッキがあまりにカラフル(カードには
5色の色があり、一般的には2色、3色に留めるのが
主流。カラーが多いと、色々できる事はあるが、
マナが支払えず、呪文を唱えれなーいって事に陥る)
で驚く。
その正体は、たった1枚の、どんな色マナでも
生み出せるようになる呪文に頼った5色デッキだった。

さすがに回らない(デッキが機能せず、呪文が唱えられずに
死亡する)だろう…と思っていたら、引きやがった!

そして、5色を有する、こちらも伝説のクリーチャー
「刈り取りの王」を召還しやがった!

5色なだけあって、他の仲間を召還すると、
対象のカードを破壊できるという超強力な能力を
持っている。まずい…。


運に任せ、俺は手札のウーナ様を召還する。

カタヒー驚愕。



幸い、ウーナ様が破壊されなかったため、
ライブラリーを削る能力から、大量の
フェアリーを出して殴り勝った。



2戦目、ウーナ様を召還するも、
相手のクリーチャーが有する「ブロックされない」という
能力に悩まされ、結局10回くらいぶん殴られて負け。


3戦目、またしてもウーナ様降臨。
妖精の女王らしく空を支配し、勝ち。
ってか俺ウーナ様引き過ぎじゃまいか…。



4回戦
VSカウボーイ兄ちゃん

カウボーイハットを被り、ボソボソ喋る人だった。

戦歴:○×○


1戦目、小型クリーチャーが相手の土地事故
(土地を引かない事象)を攻めて、勝ち。

2戦目、今度は俺が土地事故る。
何とか立て直した頃にはライフが1桁に…。
最後のあがきでウーナ様を召還するも、
相手「ああ、それなら何とかなります」と一言いいながら
余裕で切り崩す。負け。

3戦目、互いに均衡したところで、
俺の仕込んでいた必殺スペルで、相手のクリーチャーの
力を借りて勝ち。
(具体的には、裏切り者の咆哮で相手クリーチャーをタップして
本体に大ダメージを与えた)



大会は4回戦だが、
チャンピオンに輝いた身内のO君から、
「殺りましょう」と言われたので、バトル。


5回戦

VSチャンプことO君

この大会環境においてはかなりのパワーを持つ
カード群を手中に収めたO君。
だが負けてはいられない。

俺にはウーナ様がいる。


戦歴:××



詳細略。頑張ったけど歯が立ちません;;




結果的には、3勝1敗に留まる事ができた(1戦は不戦勝だけど)。

次の機会があったらぜひ優勝を…。





その後は、閉店まで身内でバトル。

O君は、俺の様々な色物デッキに大層喜んでいた。

よかった。




本当に、ギャザ漬けの2日間だった…。



追記を閉じる▲

【2008/07/22 02:05】 | マジックザギャザリング(MTG)
|

Re: プレリリーストーナメントに参加しました
ゆーり
あれだ、遊○王みたいに美味しいところで最強カードなんて夢なのだよw
あれだけ強い引きもってれば、普通あそこまで苦戦しないバトルは簡単なはずなのに・・・(ぁ

一撃必殺キャラは、一歩戦術読み違えるとただのゴミカードになりかねないからね~
場に出るまでが命がけww

特殊効果、他にどんなのがあるのか知らないから何ともいえないけど、やっぱりフィールドを支配するものが勝負を制するってことなのかにゃ?

Re: プレリリーストーナメントに参加しました
ジニー
お疲れ様でした~楽しいお休みだった御様子
ですね~?^^趣味はストレス解消ですね^^


Re: プレリリーストーナメントに参加しました
艦長
コメントありがとうございます。

>ユーリ姉さん
○戯王は、お話作りにはしょうがないですねw
まあ、あのトレカを少しだけやった身としては、
原作のように神とかデッキに入れませんねw
最近はどうか分かりませんけど。

ゲームの流れとしては、
如何に相手のライフを0にするかですが、
その為にはフィールド(ギャザでは場とか呼びます)を
制圧できるかが鍵ですかね。


>ジニーさん
平日はさすがに遊べないですからね。
ですが、たまにはゆっくり休もうかとも
思いますw

コメントを閉じる▲
新しい職場はなかなかにハードで
毎日が修羅場です。

詳しい話はいずれ…できれば…。


ああ、眠い…。


おねむになる前に更新です。



件の、口にピアスな人物
(以降、新生追いさん(後述))と
デュエルしました。



僕のデッキは、
このマジックザギャザリングの根源でもある
マナを生み出す土地カードをサーチしまくって
早めに大型クリーチャーを召還→ぱーんち
なデッキ。圧縮デッキと呼んでいます。
(この例では、土地をサーチしまくると、以降土地カードを
引きにくくなる。デッキを圧縮している)

今回は、このサーチを活かすべく、
氷河跨ぎのワームを4枚挿して、
どさくさに紛れて召還する感じにしてみました。
なお、普段は2色にするんですが、今回は実験的に緑単です。


一方相手も同じく緑単。
エルフデッキでした。
最近出た新シリーズのエルフをたくさん搭載した、
ウィニー(小型がワラワラ)タイプです。


新生追いさんの「数」で押し切るか、
艦長の「サイズ」で押しつぶすか…。
その結果は…。








・1戦目
 圧縮の名の元に、多量のサーチカードで
 4ターン目には7マナ(ワームが呼べちゃう!)を
 揃えるまで加速するも、相手のエルフに
 ブランチウッドの鎧を装着され…。
 ワーム1匹じゃ無理だよ!!
 負け。






・2戦目
 デッキに1枚だけ入っている活力
 召還する事ができた。このクリーチャーは、場にいると
 「俺の活力以外のクリーチャーはダメージを受けると逆にデカくなる」という
 強力な能力を持っている。
 緑単のデッキではクリーチャーをダメージ以外で除去する事ができないので
 クリーチャー合戦は不利にならざるを得ず、ポコポコ殴って勝ち。
 ワームちゃんは出なかったな。






・3戦目
 傲慢な完全者からエルフがいぱーい出てどうにもならず負け。
 そいつの効果で微妙にエルフがデカくなるのがさらに…。
 ワームちゃんもタフネスは5しかないのよ…グフ。











普段は赤いデッキを好んで使ってるだけに、
1個しか持ってって無かったのが悔やまれます。
次回こそは…。





そして、時間があったので別なデッキとも対戦。
それこそが、彼のあだ名を決定付けるものであった。





続く…かも。


眠くて…はしょりまくってます。
文書力欠けてて + ネタがマニアックでスミマセン…zzzz


追記を閉じる▲

【2007/11/21 00:56】 | マジックザギャザリング(MTG)
トラックバック(0) |


Alice
エルフデッキか
チビチビダメージ与える印象しかないな


僕がやってたころは黒単でプレイヤーにダメージ与えてた


今はもうわかんないけどねー


艦長
>アリスさん
デッキの相性はあるかもですね。
チビチビがボディーブローのように…。

黒単でダメージを与えるのは
現行でも可能だったりします。


クロワ
あ・・いえ・・ブログの背景が変わって
メラメラというか・・激しくイメチェンしてたので
思わずコメント入れてしまった私でした・・・

艦長さんよく音楽きいてますね
思いっきりかたよってるw


艦長
>クロワさん
コメントありがとうございます。
真面目にブログを更新しようかと
試行錯誤中でした。
カッコイイ背景にしたのはいいんですが見づらいですね…。
ちょっといじらないとです。

音楽は偏ってます!(イバッテイウナ

コメントを閉じる▲
友人のキロ氏の家へ出向き、昨日作ったデッキでデュエルしてきました。




結果は…。


…デッキ構成がイマイチで、あまり勝てませんでした。



キロ氏はデッキが2つ、艦長は5つ。




5つあっても、そのほとんどがやりたいことをするデッキだったため、
相手のガチなデッキ(本人曰く、そんなでもないらしいが…)
の前では、歯が立ちませんでした。





一番印象的だったデュエルだけ、書いてみることにします。









------------------------------------------------

キロのデッキは黒白オルゾフコントロール。



砂の殉教者という最悪のクリーチャーがライフをもたらし、
酷評や神の怒りでゲームをコントロール。
オルゾヴァの幽霊議員、聖なるメサといったパワーカードで
後半トドメを刺す…という感じのデッキ。


「場をコントロールしないと耐えられない」


と彼が言ってたかは定かではないが、
とりあえず、砂の殉教者は今日嫌いになりました。






一方、艦長のデッキは黒赤ラクドス伏魔伝デッキ。



伏魔伝を主軸に、軽量でデカイクリーチャーを場に出していくデッキ。


3マナで8/8という破格のスペックを持つファイレクシアの魂喰らいや
9/7の大いなるガルガドンで一気に本体のライフを叩く構成。




勝てたので印象的だったのは、



①場に伏魔伝が張ってあって、墓地に破壊された伏魔伝があった。

②キロの場には猶予の石が…。

③あれ?猶予の石の能力起動で、場の伏魔伝がゲームから取り除けるよ…?

④キロ「俺は誘われてるのか?」

⑤艦長(誘ってんだよwwwwwww早く使ってくれ~wwwwww)

⑥猶予の石を起動。

⑦すかさず墓地の伏魔伝を、死体焼却をプレイして先に取り除く。

⑧これにより、場には伏魔伝が残る。

⑨猶予の石の能力起動は4マナと重いため、その後、キロ氏はすぐ
 行動できなかった。

⑩俺のターン!!3マナを出しつつ土地を5つ生贄に捧げる!!
 いでよ、大いなるガルガドーン!!

⑪そのままガルガドンが場に出ると9/7なので9点ダメージが飛ぶが、
 そこですかさず通称バーサーク、致命的な激情をプレイ!!
 ガルガドンは18/7のトランプル持ちになる。

⑫18/7が場に出るので、本体に18点!!
 この時のガルガドンは召還酔いが無い。攻撃して18点じゃ~~!!







夢の1発で36点ダメージを実現して勝てました。


しかし、この時はたまたまキロ氏にスキがあっただけなので…。
普段はこんな生易しいことは許されないからなぁ…。






そろそろ大味なデッキはやめたほうがよいのかしら。






ではまた次回!!


追記を閉じる▲

【2007/05/07 01:25】 | マジックザギャザリング(MTG)
トラックバック(0) |
マジックザギャザリング…いわゆるトレーディングカードゲームの一種で、
世界的に人気のある(あった?)ゲームです。

テンペストから入り、最近のミラディンまで遊んでました。
時間が掛かる趣味なので、最近はやってませんでしたが…。
高校時代の友人が、今も続けているようで、
先日、デュエル(笑)しました。

色々なデッキで対戦(艦長は1個しか準備してなかったので、
相手が色々変えてバトル)したのですが、結果は散々…。

デッキレシピ>ビーストバーン
一応テーマデッキで、「増幅」を存分に生かそうと
試みたデッキでした。
全体的にマナコストが重すぎて、
ラノワールのエルフと不屈の自然だけでは
回しきれなかった感じです。回ると結構楽しいんですが…。

その後、ROの友人&MTG仲間のしゅりさん、キロさんに
協力してもらい、勝てるデッキを作ることに。

現行のエクステンデットでは、色々落ちているカードが
ちらほらあるようだ…。はてさて。



追記を閉じる▲

FC2blog テーマ:゚+。:.゚ヽ(*´∀`)ノ゚.:。+゚ - ジャンル:日記

【2006/08/24 23:59】 | マジックザギャザリング(MTG)
トラックバック(0) |

マジック・・・か
エメ
実はオレも数週間だけやってて、(短いとか言わない
兄貴と弟が結構のめり込んでたなぁ。

数年前にカードを売り払ってウハウハ(?)していたよw
まぁきっとカードを買う金のほうが多いんだろうけど、
それで楽しめたというのならいいことなのかもしれないね(´ω`)

コメントを閉じる▲